2012年03月06日

乾燥肌・敏感肌 その原因は?

乾燥肌・敏感肌には、いくつかの要因が考えられます。


○ 気温の低下

冬季のような低気温になると、体温を保とうと体のシステムが働いて、皮膚表面の血管を縮ませます。
その結果、血流量が少なくなるため、血行が悪くなり保湿に必要な成分であるセラミドや皮脂などが、細胞のすみずみまで行き渡らなくなるのです。皮脂の分泌が悪くなれば、肌バリアも弱くなり、空気も乾燥しているため、肌の水分が蒸発しやすくなります。

○ 洗顔のしすぎ

清潔な肌を保つことも大切ですが、洗顔をしすぎて必要な皮脂も洗い流してしまい、乾燥を招く結果になることも。体も同じで、スポンジやタオルでこすりすぎてもバリア力が低下してしまいます。また熱めのお風呂やシャワーでも、肌バリアに必要な皮脂まで溶け出して、乾燥しやすく外的なものから刺激を受けやすくなり、肌が敏感になってしまいます。

○ 年齢による新陳代謝低下

歳を重ねると新陳代謝のスピードが徐々に遅くなり、皮脂の分泌量や水分が減ってしまうため、乾燥しやすくなります。

○ 皮膚疾患による乾燥

アトピー性皮膚炎やアレルギー体質など先天性疾患が原因で、乾燥肌・敏感肌になっていることも。

○ 生活用品などの化学物質での刺激

日常生活に使用する洗浄剤や普段使っている化粧品に含まれるなんらかの化学物質から受ける刺激も乾燥肌の原因になることもあります。

posted by 潤子 at 14:12| 乾燥肌・敏感肌について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする